大介護時代の情報誌「BetterCare(ベターケア)」

MENU

お知らせ

|

2019年07月26日
インフォメーション
20種類の認知機能刺激ゲームが楽しめる「頭の健康管理サービス」

シャープは8月1日より、介護施設支援ソリューション「頭の健康管理サービス」の提供を開始する。同サービスは、東北大学加齢医学研究所所長の川島隆太教授が監修する「スピード勝負」など頭の訓練に特化した20種類のゲームを提供。40V型タッチディスプレイを使い、簡単なタッチ操作でゲームを楽しみながらトレーニングできる。これにより、介護施設での生活機能訓練におけるアセスメントから訓練計画作成、日々のおすすめ訓練提示、訓練結果の記録・管理・見える化までをシームレスに支援。介護施設従事者の業務負担を軽減する効果が見込める。

【問い合わせ】シャープ ビジネスソリューション事業本部ビジュアルソリューション事業部 https://jp.sharp/business/solution/atama-kenko/

|

カテゴリー

過去のお知らせ

Page Top