大介護時代の情報誌「BetterCare(ベターケア)」

MENU

お知らせ

|

2015年10月21日
イベント
11/8 「若年性認知症の理解と支援の輪づくり講演会」中野で開催

65歳未満で発症する「若年性認知症」の理解促進と支援、当事者と家族の交流など中野区・杉並区の地域で活動を行っている<若年認知症交流会小さな旅人たちの会(略称:ちいたび会)>。理解の輪を広げるための講演会が今年も開催される。
認知症と言えば高齢者と思われているため、体力はあるのに退職を余儀なくされ、若いがゆえに周りからの無理解で孤立、公的支援も受けにくいなど困難な現実がある。若年性認知症への理解や今後の課題、そして地域での支援づくりを一緒に考える。

【日程】2015年11月8日(日)
【時間】14:00~17:00
【会場】中野コングレスクエア カンファレンスルーム
(中野区中野4-10-2 中野セントラルパーク サウス1階)
【料金】無料 ※講演会後の懇親会は別途料金がかかります。
【申し込み】事前申込制です。公式サイトもしくはFAXにて下記事項をご記入の上お申込みください。
1)所属団体・企業名 2)お名前(フリガナ) 3)申込人数  4)参加者区分(会員・本人・家族・一般・学生から選択) 5)電話番号  6)e-mail 7)懇親会の参加有無 8)その他ご意見

【プログラム】
◆基調講演
「若年性認知症の理解と課題」
齋藤正彦(東京都病院経営本部 松沢病院院長)

◆パネルディスカッション
「若年性認知症を地域でどう支えるか」
座長:高橋正彦(クリニック医庵たまプラーザ院長)
・地域医療の視点から─芦刈伊世子
(中野区地域連携型認知症疾患医療センター あしかりクリニック院長)
・偏見や差別の解消の視点から─齋藤正彦医師
(東京都病院経営本部 松沢病院院長)
・専門デイを運営する視点から─三井将史
(練馬若年認知症サポートセンター施設長)
・家族の視点から─堂迫廣二(杉並区在住)

【問い合わせ】若年認知症交流会小さな旅人たちの会(略称:ちいたび会)
TEL&FAX:03-3338-6932  e-mail:honbu@chiitabi.jp
公式HP:http://chiitabi.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/chiitabi

|

カテゴリー

過去のお知らせ

Page Top