大介護時代の情報誌「BetterCare(ベターケア)」

MENU

お知らせ

|

2015年09月25日
イベント
【再掲】10/4 <認知症の人と家族の会>ユニークな研究集会を栃木県で開催

1980年に結成され、全国47都道府県に支部がある<認知症の人と家族の会>。「認知症があっても安心して暮らせる社会」を目指して活動する中、1985年より各県からの活動報告や事例発表、またシンポジウムによる最新情報の共有、展示コーナーなど、自由に参加して発言できるユニークな全国研究集会を開いている。今年の開催地は栃木県。

【日程】2015年10月4日(日)
【時間】9:30~16:00
【会場】栃木県総合文化センター
(栃木県宇都宮市本町1-8/ http://www.sobun-tochigi.jp/access.html
【料金】一般2,000円 学生1,000円(いずれも資料代含む)
※上記は参加のみ料金。宿泊やお弁当を予約される方は別途料金がかかります。
【申し込み】事前申込制・参加費事前振込制です。
下記、専用申込書をダウンロードして必要事項を記入の上、FAXでお申し込みください。
http://www.alzheimer.or.jp/webfile/2015zennkennmousikomi.pdf

【プログラム】
テーマ「ことばより、心に寄り添う認知症」
~私らしく、地域で暮らしていくために

◆記念講演
「私らしく、地域で暮らしていくために~在宅医の立場から」
高橋明彦(ひばりクリニック院長・認定NPO法人うりずん理事長)

◆事例発表
(体験談など全国からの公募による口述発表)
座長:水戸美津子(栃木県支部顧問)
・若年性認知症の夫と過ごすオレンジカフェのひととき(栃木県)
・地域の見守り「幸せの黄色い旗(見守り旗)」(兵庫県)
・認知症の人の理解と家族介護を(東京都)
・青森の総合支援事業は(青森県)

◆シンポジウム
~私らしく地域で暮らしていくために~
・杉野文篤(若年性認知症本人・2017ADI国際会議組織委員)
・月井喜美代(介護支援専門員)
・佐々木一憲(宇都宮市保健福祉部恒例福祉課係長)
・水谷忠由(厚生労働省 認知症・虐待防止対策推進室長)
コメンテーター:田部井康夫(「家族の会」副代表理事)
コーディネーター:飯島恵子(栃木県支部世話人)

◆展示コーナー
(全国から寄せられた認知症の方とその家族、関わる方たちの写真)

【問い合わせ】
◎全国研究集会について
認知症と家族の会 栃木県支部
TEL:028-667-6711(月~金13:30~16:00のみ受付) FAX:028-667-6711
本部の公式HP:http://www.alzheimer.or.jp/

◎申し込みについて
東部トップツアーズ株式会社 宇都宮支店
TEL:028-636-7761 FAX:028-636-7760

|

カテゴリー

過去のお知らせ

Page Top