大介護時代の情報誌「BetterCare(ベターケア)」

MENU

お知らせ

|

2015年06月25日
イベント
6/29 東京財団が公開講座「高齢化時代の医療政策を考える」を開催

半世紀以上にわたり国民の健康を守ってきた日本の医療保健制度。取り巻く環境が大きく変わり、次の半世紀を見越した改革が求められる中、これからの医療政策について、地域一元化と住民自治の強化を提言している東京財団が公開講座を開催。ゲストを迎え、それぞれの立場で医療政策の将来を語る。

【日時】2015年6月29日(月)10:30~12:00(開場10:00)
【時間】10:00開場/10:30~12:00
【会場】日本財団ビル2階 大会議室(東京都港区赤坂1-2-2)
              http://www.tkfd.or.jp/access.php
【料金】無料
【申し込み】※事前申込制。下記、専用フォームよりお申し込みください。(定員:200名)
              https://krs.bz/tkfd/m/registration_forum94

【プログラム】

テーマ「高齢化時代の医療政策を考える」
~制度の地域一元化と住民自治の強化に向けて

・渋谷健司
(東京大学大学院医学系研究科国際保健政策学教室教授〔厚生労働省「保健医療2035」策定懇談会座長〕)
・加藤久和
(明治大学政治経済学部教授〔財務総合政策研究所「持続可能な介護に関する研究会」座長〕)
・三原岳
(東京財団研究員兼政策プロデューサー)
・亀井善太郎:東京財団政策研究ディレクター兼研究員 ※モデレーター

【問い合わせ】東京財団(広報渉外)
TEL:03-6229-5504  FAX:03-6229-5508
公式ホームページ:http://www.tkfd.or.jp/

|

カテゴリー

過去のお知らせ

Page Top