大介護時代の情報誌「BetterCare(ベターケア)」

MENU

お知らせ

|

2017年02月15日
イベント
3/11・12 [兵庫] 第16回気づきを築くユニットケア全国実践者セミナー

特養・老健・医療施設ユニットケア研究会による「気づきを築くユニットケア全国実践者セミナー」が今年も開催される。
「ユニットケアの基本は現場の実践にある」との考えから、日々実践している取り組みを伝え合い、交わり合い、より良いものにしていく場としてセミナーをスタートして今年で16回目となる。
医療・介護の現場スタッフだけではなく、一般の参加者も共に学び、考え、気づきを得られる内容となっているので、お近くの方はぜひ。

弊誌69号で「特養・老健・医療施設ユニットケア研究会」代表・武田和典氏を取材させていただきました。
http://bettercare.jp/books/bc/933.html

【日程】【時間】
2017年3月11日(土)11:50~18:20
2017年3月12日(日)10:00~15:00
【会場】神戸学院大学 有瀬キャンパス
(兵庫県神戸市西区伊川谷町有瀬518)
【料金】一般参加費:15,000円  発表者参加費:13,000円
※実践発表者は、1発表2人まで割引適用
※11日交流会は別途2,000円
※11日お弁当代別途1,000円

【申し込み】事前申込制です(定員:800名)
2月20日(月)までに、下記、事務局ホームページより参加申込書をダウンロードしてお申し込みください
http://www.clc-japan.com/events/detail/6280

【プログラム】

3/11
◆実践リレー(テーマごとに複数施設の現場の取り組みを発表)
(1)私たちがはじめた、一人ひとりをたいせつにするケアの取り組みが変わった施設ケア
(2)一人ひとりへの3大介護のあり方とその工夫
(3)“食”の工夫で目指す、その人らしい豊かな暮らし
(4)これまでの暮らしの継続をたいせつにした生活環境づくり
(5)介護者家族との協働で実現する、その人らしい暮らし方
(6)認知症の方とのコミュニケーションの工夫
(7)ターミナルケアから学んだこと、考えたこと、伝えたいこと
(8)職員同士のチームケアや多職種との連携
(9)施設の人材確保、職場の環境づくりについて
(10)スタッフの育成、工夫したこと、苦労したこと
(特別部門)想いのままに実践発表

◆特別企画1
「新たな介護保険の幕開け」-生活支援と地域づくり
・吉田昌司(倉敷市保健福祉局 参与兼健康福祉部長)
・大坂純(宮城県地域たすけあい。生活支援推進連絡会議 運営委員会委員長)
ほか

◆交流会
 
3/12
◆アンコール報告(実践発表から1年後の展開報告)
(1)動き出しは当事者から~はじめの一歩~
溝上亜紀(介護職員/ビーハまどか・熊本県)
(2)初めての看取り~経験がないからこそ感じた気持ち~
米森雄基(生活援助員/結の郷 小牧・愛知県)
熊澤留奈(生活援助員/結の郷 小牧・愛知県)
(3)パート×仲間づくり=働き続けたい
河村和典(ユニットリーダー/神の園・京都府)
小泉有花(パート職員/神の園・京都府)
コメンテーター:武田和典(特養・老健・医療施設ユニットケア研究会 代表)
インタビュアー:水上然(神戸学院大学総合リハビリテーション学部)

◆支援講座1
「認知症ケア・あなた自身のための『パーソンセンタードケア』」
寺田真理子(パーソンセンタードケア ワークショップ講師)

◆特別企画2
「これからの介護保険のあり方を問う!人口減少社会のなかでの『介護保険』」
・池田昌弘(全国コミュニティライフサポートセンター 理事長)
・橋本武也(社会福祉法人同和園 常務理事兼園長・京都府)
コーディネーター:藤井博志(神戸学院大学総合リハビリテーション学部)

◆アンコール講座
「動き出しは当事者から」連続実践講座
大堀具視(日本医療大学リハビリテーション学科 准教授)

◆支援講座2
「認知症の方とのコミュニケーション方法『バリデーションへの誘い』」
都村尚子(関西福祉科学大学 社会福祉学部 教授)

◆支援講座3
「施設における主体性を支えるケア」
葭田美知子(NPO法人メイアイヘルプユー)
聞き手:高杯誠一(東北福祉大学 総合マネジメント学部 教授)
 
【問い合わせ】
◎大会内容については
事務局(特養・老健・医療施設ユニットケア研究会内)
TEL:022-727-8732  FAX:022-727-8737
e-mail:unit@clc-japan.com
Facebook:https://www.facebook.com/unit.care.clc
事務局HP:http://www.clc-japan.com/events/detail/6280

◎参加登録・宿泊プランについては
JTBビジネスネットワーク JTB東北ECデスク
TEL:0120-989-960  FAX:0120-937-224
(土・日・祝日除く平日 9:30~17:30)
e-mail:tohoku-ec@jbn.jtb.jp

|

カテゴリー

過去のお知らせ

Page Top