大介護時代の情報誌「BetterCare(ベターケア)」

MENU

お知らせ

|

2016年07月04日
イベント
8/14 [東京] 第三回日本の看取りを考える全国大会

人生最期の時を、本人が望む形で迎えられるように寄り添い支援する“看取り士”。看取り士の資格取得や養成を行う<日本看取り士会>が「日本の看取りを考える全国大会」を開催する。
在宅での介護や医療が進められ看取り士のニーズも高まる中、その役割の重要性やこれからの取り組み方について考える。

【日程】2016年8月14日(日)
【時間】14:00~17:00
【会場】新宿区立角筈区民ホール
(東京都新宿区西新宿4-33-7)
【料金】前売1,500円 当日2,000円
【申し込み】事前申込・振込制です(定員:250名)
電話またはメールでお申し込みください。※振込終了をもって正式申込となります。

【プログラム】
◆基調講演
「いのちをつなぐということ~看取りの現場を想う」
國森康弘(写真家・ジャーナリスト)

◆シンポジウム
「あなたは誰に看取られたいですか」
座長:奥健一郎(鹿児島大学工学部 講師)
・舩井勝仁(株式会社船井本社 代表取締役社長)
・山本千鶴子(看取り士・日本看取り士会千葉研修室豊包塾)
・柴田久美子(看取り士・一般社団法人日本看取り士会 会長).

【問い合わせ】一般社団法人日本看取り士会
TEL:086-728-5772  FAX:086-239-3992
e-mail:staff@mitorishi.jp
公式HP:http://mitorishi.jp/

|

カテゴリー

過去のお知らせ

Page Top