大介護時代の情報誌「BetterCare(ベターケア)」

MENU

お知らせ

|

2015年12月22日
イベント
2/21 [兵庫] 認知症の人と家族の会「認知症の理解と援助」

全国47都道府県に支部がある<認知症の人と家族の会>主催の研修講座「認知症の理解と援助」が兵庫県で開催される。講師は家族の会の副理事であり、神奈川県の川崎幸クリニック院長でもある杉山氏。
1980年結成以来、認知症について理解を深めて支えあってきた家族の会だからこそ、認知症の知識や対応の仕方、最新情報まで系統的に学べると介護家族にも人気の高い講座だ。

【日程】2016年2月21日(日)
【時間】10:00~16:00
【会場】兵庫県私学会館
(兵庫県神戸市中央区北長狭通4-3-13)
【料金】一般5,000円 家族の会会員4,000円
【申し込み】事前申込制です。(定員:110名)
2016年1月31日(日)までに、専用申込書に必要事項を記入の上、FAXまたは電話でお申し込みください。
▼専用申込書(pdfファイルをダウンロードします)
http://www.alzheimer.or.jp/wp-content/uploads/2015/11/sugiyamaDr201602-201603.pdf

【プログラム】
講師:杉山孝博(「家族の会」副代表理事/神奈川・川崎幸クリニック院長)
内容:
・認知症の特徴・家族の変化・初期段階のとらえ方
・認知症をよく理解するための9大法則・1原則
・対応の困難な症状と対策・徘徊とその対応・若年期認知症
・治療と予後・予防・グループホームをめぐる動き
・特養ホームにおける終末期医療・新たな地域ケアサービス
・小規模多機能ケア/グループホームでのターミナルケア・「家族の会」について

*同じ内容の同講座は神奈川県、東京都でも開催される予定です。決まり次第、詳細を掲載いたします。

【問い合わせ】認知症の人と家族の会 兵庫県支部
TEL&FAX:078-741-7707
公式HP:http://www.alzheimer.or.jp/

|

カテゴリー

過去のお知らせ

Page Top