大介護時代の情報誌「BetterCare(ベターケア)」

MENU

BetterCare/書籍

第7号 1999年 夏号

[ドキュメント] 百人百色の介護

  • 福島県郡山市/民井桂子さん・立花秀和さん・めぐみさん
    子ども四人、孫十三人、曾孫十九人
    94歳の煙草大好き“ばあちゃん”は、きょうも元気だ!

  • 埼玉県越谷市/原口義治さん
    心を鬼にして、左半身麻痺の妻のリハビリ訓練を支え続ける

  • 長野県高森町/矢澤敦子さん
    自分らしく生きるために、介護の犠牲にはなりたくない

  • 沖縄県那覇市/グループホームぬくぬくの家——Aさん
    家庭にいたときのペースでそれぞれ、暮らしてもらいたい

■福祉ネットワークづくり■

埼玉市民福祉オンブズネット
まず、正確な情報を知ること、そして市民としての人権意識を育てていくこと

 

■新しいケアの試み■

高槻絹子さん[浜松医科大学講師・臨床心理士]
ピカピカの前頭葉はイキイキした暮らしをつくる
——「二段階方式」による呆けの早期発見と地域予防活動

 

■地域のキイパーソン■

デイケアハウス ふだらく/グループホームあんじん
小さな施設だからこそ、目も行き届くし、地域にも溶け込める

 

■介護を支えるプロ■

渡辺聰子さん[障害者・高齢者衣服研究交流会代表]
障害者や高齢者が着脱しやすい衣服を当たり前に、普通に、
入手できる道を開くために

 

■明日に向けてのモノローグ■

堀内修[音楽評論家]
オペラは老後の楽しみに向いています。
70歳、80歳になっても歌手に“お熱く”なれるんですから。

 

■出会いの風景■

小樽

 

■介護ビジネス最前線■

日本生命保険相互会社
総合力を生かして、着実に介護分野に進出

 

■新介護保険制度への道■

安藤幸男[社団法人・呆け老人をかかえる家族の会介護保険専門委員会委員長]
介護保険への期待と不安
——痴呆性老人にふさわしい個別的な認定とサービスを!

 

■老いと介護の文化通信■

米沢慧[批評家]
「ホスピス・在宅ケア」にふれて

 

■リラックス・サロン
カラー占い/クロスワードパズル/読者プレゼント
■聞いてちょうだい 言わせてもらおう
■INFORMATION
新商品/ホームページ/ブック/イベント紹介/丸子設計工房便り

商品情報

発行日
価格
本体価格 + 税: 500 円
税・送料含む
在庫
在庫あり

BetterCare バックナンバー

その他書籍

Page Top