大介護時代の情報誌「BetterCare(ベターケア)」

MENU

BetterCare/書籍

第43号 2008年 秋号

[ドキュメント] 百人百色の介護

  • 東京都八王子市/デイサービス あおぞらの家
    畑に囲まれた民家に、今日も笑い声が響く

  • 東京都小平市/竹内カツさん・今野則子さん
    頑張っている母の姿が、私の新たな道を見つけてくれたと、感謝しています。
    母の力ってすごいな。

  • 大阪市阿倍野区/安原昌雄さん・美代さん
    夫の麻痺、母の徘徊…。
    できるかぎり自分でみたい。

■ 特集

老いてからの暮らしが不安だ!!

<介護保険ホットライン08>実施市民団体の座談会

◆小竹雅子[市民福祉情報オフィス・ハスカップ主宰]
◆島村八重子[全国マイケアプラン・ネットワーク代表]
◆林 洋子[<介護保険ホットライン>事務局]
◆牧野史子[NPO法人介護者サポートネットワークセンター・アラジン理事長]
◆野田真智子[高齢者介護情報誌「Better Care」編集部]

 

■ インタビュー ■

山崎章郎氏[ケアタウン小平クリニック院長]
住み慣れた地域で最期を迎えるための
<新しいケアタウン>

 

■ 住まう ■

ジョイフル千種[名古屋市東区]
都心部に多様な住まいの複合体
「なめらか食」や低床ベッドなど、介護の工夫も

 

■ いい顔いっぱい ■

素敵な笑顔のご紹介

 

■ 食べる ■

須藤純[歯科医師]
すこやかな一生はお口の健康から
──A healthy life starts with a healthy mouth

 

■ 福祉用具が支える介護 ■

浜田きよ子[高齢生活研究所所長]
おむつは下着

 

■ バリアフリーツアー・レポート[クラブツーリズム] ■

旅をあきらめない 夢をあきめない
──ドリームフェスティバル ? ハワイ

 

■ 老いと介護の文化通信 ■

米沢 慧[批評家]
在宅医やホスピス医は、死にゆく人の「そばにいる人」のことです
——小澤竹俊『いのちはなぜ大切なのか』、種村健二朗『大きい家族—がん治療医から緩和ケア医になって』、佐藤健『緩和ケアでがんと共に生きる—ホスピスは「もう一つのあなたの家」

 

■ リラックス・サロン
四方に漢字パズル / 読者プレゼント

■ 聞いてちょうだい 言わせてもらおう

■ INFORMATION
ブック/募集/セミナー・フォーラム・集会など/
さしあげます/発会/ファッションショー

■ ワーカーズコープ
■ ハスカップ通信

商品情報

発行日
価格
本体価格 + 税: 500 円
税・送料含む
在庫
在庫あり

BetterCare バックナンバー

その他書籍

Page Top