大介護時代の情報誌「BetterCare(ベターケア)」

MENU

BetterCare/書籍

第15号 2001年 夏号

[ドキュメント] 百人百色の介護

  • 埼玉県桶川市/松本真朱美さん
    「家にいるのはせつない。ハートランドに行くと、楽しくてしあわせです」
    「マイペースの人だから、週4回になって私も助かっています」

  • 山形県山形市/香曽我部芳己さん
    介護する側も、介護される側も積極的に社会に出て行く。
    そうすることで気持ちが互いに伸びやかになっていくと感じます。

  • 東京都町田市/高齢者グループホーム「陽だまりの家・町田」
    入居者はみな外出が好きだ。必ず一度は外に出る。
    ストレスの発散とともに季節を五感で感じることによって生じる
    「ことば」と「会話」が大切だ。

  • 東京都町田市/高齢者グループホーム「陽だまりの家・町田」
    入居者はみな外出が好きだ。必ず一度は外に出る。
    ストレスの発散とともに季節を五感で感じることによって生じる
    「ことば」と「会話」が大切だ。

■ 特別対談

【黒岩卓夫 VS 養老孟司】

老いること、介護すること、そして医療。
12人の医師が語る現場と理念

 

■ 明日に向けてのモノローグ ■

左 時恵さん[女優]
「この世に私を生んでくれたお母さん、あなたが神様よ」
ふっと口から出たんです。母はうれしそうにニコニコ笑っていました。
母が残してくれたおみやげのひとつかな。

 

■ 出会いの風景 ■

福井県・武生市

 

■ 地域のキーパーソン ■

吉岡春紀さん[玖珂中央病院院長・山口県玖珂郡医師会副会長]

 

■ 老いと介護の文化通信 ■

米沢 慧[批評家]
老いのにぎわい、老人ホームへの共感
「生まれたところが故郷ならば、死ぬるところも故郷なのだ」

 

■ 診療所訪問 ■

●森本外科・脳神経外科医院
先取りでもなんでもない。患者のニーズをとらえながら、彼らがそれで喜び、
われわれもやりがいがあれば、それで良いという考えでやってきたまでです。

●新田クリニック
リハビリの体制をきちんとしておかないと、早期退院が増えるにしたがって
「在宅」が「寝たきり」の量産工場になるのでは。

 

■ 緊急寄稿 ■

特養ホームと有料老人ホーム —— サービスの質を考える
石川奈津子[ノンフィクションライター]

 

■ 聞いてちょうだい 言わせてもらおう
■ リラックス・サロン
料理 / クロスワードパズル / 読者プレゼント
■ INFORMATION
新商品 / ブック / シアター / インターネットサイト /
レポート 在宅での排尿のポイント / ユニバーサルデザイン まるこ便り /
GOWAの本「選ぶ時代がきた!」2001年版

商品情報

発行日
価格
本体価格 + 税: 500 円
税・送料含む
在庫
在庫あり

BetterCare バックナンバー

その他書籍

Page Top