大介護時代の情報誌「BetterCare(ベターケア)」

MENU

BetterCare/書籍

第89号 2020年 秋号

[ドキュメント] 百人百色の介護

  • 和田與四郎[岩手県滝沢市]
    大学や地域との幅広い連携で
    2周年を迎えた時計屋カフェ

  • ハッピーホームデイサービス[埼玉県所沢市]
    誰かの家に遊びにきた気分。
    小規模で、自由度の高い介護。

  • サ高住 潮騒[愛媛県上島町]
    感染防止策のなか
    介護を受けつつサ高住に暮らす

[特集]覚悟としてのACP――新型コロナが問いかけるもの

●地域医療の守り手から
感染症ともがんとも、ともに暮らす時代。
健康の意味を考え直そう
紅谷浩之[オレンジホームケアクリニック代表・在宅医療専門医]
インタビュアー 中澤まゆみ[ノンフィクションライター]
●医療と宗教をつなぐ
肉体の死ですべてが終わるわけではない。
生命は次なるステップにつながっていく。
対本宗訓[医療法人健永会大館記念病院 理事長・院長/僧医]
●医師として当事者として
QOLを落としてまで長生きしたくない。
中村仁一[医師・「自分の死を考える集い」主宰]
●地域の在宅医から
本人と同じ方向を向くための対話。
死の話題をタブーにしない。
花戸貴司[東近江市永源寺診療所所長]
●高齢者介護の現場では
新型コロナを前提に入居者の暮らしを守り、
早い段階から最後の過ごし方を問う
里村佳子[社会福祉法人呉ハレルヤ会呉べタニアホーム理事長]
●介護離職防止に取り組む
家族のするべき介護は、マネジメント
要介護者の最期までを働きながら支える
川内 潤[NPO法人となりのかいご代表理事]
●認知症当事者は
認知症になっても笑顔で生きていかれる。
当事者の思いからぶれないことが大切。
丹野智文[おれんじドア実行委員会代表]

 

【介護旅行にお出かけ】(36)

気持ちに張りをもち、楽しい思い出と笑顔の時間を増やして
 あ・える倶楽部

 

遠距離介護レポート(5)

介護あるあるの「予想外」や「時遅し」に遭遇
 中澤まゆみ[ノンフィクションライター]

 

【対談 福祉用具が支える介護】(52)

「楽しい」がキイワード。自分の人生を自分でつくっていく。
 西村良彦[画家・「楽心庵」主宰]
 浜田きよ子[高齢生活研究所所長]

 

【エピソードで綴るメディカル講座】(14)

微生物はどこにでもいる 
滅菌と消毒の違いと、消毒の仕方を知ろう
 太田美智男[名古屋大学医学部名誉教授]

 

【老いと介護の文化通信】(88)

人生100年時代の「養生訓」をチェックしてみよう
――健康はQOLだけではなく、いのちの深さも問われる
 米沢 慧[批評家]

 

【マンガ みんなみんな、いつかは年をとる】(27)

甘えさせてもらう
 北川なつ

 

【なかまぁる通信】(6)

「僕が忘れ、認知症の祖母が覚えていたこと」
 川村元気[映画プロデューサー・小説家]
 インタビュアー:冨岡史穂[なかまぁる編集長]

 

【いい顔いっぱい】

「百人百色の介護」の方々のステキな笑顔をカラーページでご紹介

 

【シアタールーム】

『82年生まれ、キム・ジヨン』
〈46年生まれ、団塊の世代〉から見えてくるもの
 井上由美子[エッセイスト]

 

【チャレンジ】

コロナ禍で閉塞感強まる今こそ
「介護甲子園」で元気を取り戻そう!

 

【聞いてちょうだい! 言わせてもらおう!】
【インフォメーション】

●臨床美術の現場から(33)
 社会福祉法人 円勝会 特別養護老人ホーム シルバーコースト甲子園[兵庫県西宮市]
●コンテスト/提言/要請書・要望書提出/ブック

 

ナンバープレース 星かおり
【読者プレゼント】

商品情報

発行日
2020年10月31日
価格
定価 600 円(税・送料含む)
在庫
在庫あり

BetterCare バックナンバー

その他書籍

Page Top